葬式をするならば知っておきたい基礎知識とは

家族葬が増えている訳は

花

家族が離れ離れに住むことの影響

日本各地で行われる葬儀の形式には、宗教の関係からもいろいろなケースが見られます。お寺で行うものや教会で行うものなどから、最近では葬儀社が運営する会場で行われることも多くなっているようです。一般的にかかる葬儀費用相場は200万円程度と言われますが、首都圏で行う場合と地方都市で行う場合では、差額も大きくなると思われます。葬儀にかかる費用としては、まず寺院に払うことになるお布施や戒名、読経費用やお車代が必要になって来ます。お坊さんの数が増えたり、戒名にも値段の違いがあることなどもあり、50万円程と言われる費用にも違いが出て来ることも知っておきましょう。そして通夜が終わった後、接待に使う飲食費があり、人数の違いなどを考慮すると、20万円から30万円程度の出費を考えておくことになります。最後は式を取り仕切ってくれた葬儀社への支払いです。この葬儀費用もピンからキリまであり、棺桶の質から祭壇での飾り方でも金額に違いが出て来ます。そのため葬儀社の担当者と予め、予算を決めて行うことが、最善の方法となって来ることになります。更に最近のパターンでは、葬儀費用を抑える目的から小人数での式を行う遺族も増えています。それが家族葬と言われる形で行われ、費用も抑えることが出来るようになって来ています。高齢化が進んだことから大勢で見送る形の葬式は少なくなり、家族が離れ離れに住むケースが増えたことからも、少人数での式が一般的なものとなる日も近いかも知れません。

Copyright© 2019 葬式をするならば知っておきたい基礎知識とは All Rights Reserved.